あるアラフィフのブログ

気がつけばアラフィフ。気がつけばいまだ独身。気がつけば父が認知症。アラフィフ独身女の頭の中を記していきたいと思います。

骨折の記録〜事件発生!

一ヶ月以上空いてしまいましたが、続きを記していこうと思います。

 

前回良いことばかり書いたのですが、実は事件がありました。

4人部屋だったので、友達が来たときは談話室に行っていたので、ベッドをあけることがよくありました。

病院は安全!という、根拠のない思い込みでお財布を置きっぱなしで鍵をかけてなかったのです。

ここまで来ると、察しがついたでしょうか。

 

はい。盗まれました!!

 

まさかの?当たり前の?盗難です。

 

お財布と小さなポーチ2つ。一つは家の鍵が入ってました。

 

不幸中の幸いは、ちょっと前に「父が財布を無くす」ということがあり(この事もいつかブログに書きたいと思います)

その時にいろいろ調べ、財布には身分証明書となるものは一緒に入れてはいけない。

ということがわかったので最小限のクレジットカードとちょっとしたお金しか入れてなかったのです。

 

とはいえ、気分悪し!

 

お財布はなんとなく傷んではいたので、買い替えの時期だったのかもと、自分をなだめました。

 

そして、家の鍵もこれを機に変えました。

指紋認証に。。。

これ、本当に便利!

 

認知症の家族がいる人にはおすすめですよ。

覚えるまで時間は要しますが、根気よく教えれば、覚えます。

 

それにしてもこういうことがあった時に看護師さんの人柄が出ますね。

口先だけで心配する人と、親身になって探してくれる人がいました。

やっぱり後者でいたいなと、思いましたよ。

 

病院というのは誰でも入れるので、気をつけましょう。

 

 

f:id:ruri-iro-thalassa:20200823125744j:image